ベースメイクシリーズ、AGReDEUR(アグレデュール)>メイク>ノーファンデーション主義はだめ?ファンデーションの意外な役目

ノーファンデーション主義はだめ?ファンデーションの意外な役目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーファンデーション主義はだめ?ファンデーションの意外な役目

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

かゆみが出てしまうから下地やファンデーションは使わない、ノーファンデーション主義の方、いらっしゃいませんか?

普段ファンデーションを塗っていないという方に知っていただきたい内容を今回はまとめました。

ファンデーションの役目

年を重ねるとともに、お肌もだんだん老化していくというのは、周知の事実ですよね。
肌の艶やハリが衰え、シミ、そばかす、くすみ、吹き出物、眼の下のクマなどがだんだんと目立つようになってきます。
これらを目立たせぬようにカバーするもの。そのひとつがファンデーションです。
ファンデーションは、お肌のトラブルをカバーし、肌をより美しく見せるためになくてはならない、メイクの核となるものなのです。
裏を返せば、ファンデーションをつけないとお肌のトラブル・老化現象を「うまく隠す」ことはできない、ということになります。

ファンデーションが苦手

ファンデーションにはそれぞれ特性があり、大きく分けると、リキッド・クリーム・パウダーの3タイプがあります。
また、最近は、肌に伸ばしたときに液状になり、その後、中の成分が蒸発してパウダーに変わるエマルジョンタイプなど、テクスチャーの種類も様々に増えてきています。
加えて、それぞれ個別の商品にも特性があるので、使う人に合う・合わないといった現象が当然出てきます。
中には、下地やファンデーションを使うとかゆみが出てしまうというような、相当な敏感肌をお持ちの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
既に、商品選びに苦労されているとは思いますが、肌トラブルの経験をお持ちの方は、化粧品を厳選して慎重に選ぶ必要があります。

化粧品選びの際の注意点

まず、商品が敏感肌に対応している物か、刺激物が極力入っていない物かなどをしっかり確認しましょう。
実際試すときに、手の甲や耳の後ろに付けてみて肌にトラブルが出ないかどうか確かめることも大切です。

ノーファンデで過ごす場合の注意点

それでもファンデーションをつけるのはちょっと……という方、化粧水のみ、化粧水&美容液のみで過ごすのはやめていただきたいです。
クリームでカバーしてほしいので、日中であれば必ずUVカット機能のある下地か日焼け止めクリームまではつけるようにしてください。そのほうが肌への負担が少ないんですよ。
下地で肌荒れを起こしてしまう方は、自分に合うものを探すのが大変でしょうが、肌を裸の状態でさらすのは危険な行為です。

伊藤 ハジメ

伊藤 ハジメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 ハジメは、こんな記事も書いています。

  • 絶対崩れない!? ファンデーションの使い方

    絶対崩れない!? ファンデーションの使い方

  • 「潤いツヤ肌」は崩れないベースメイクで作る!

    「潤いツヤ肌」は崩れないベースメイクで作る!

  • ベビーフェイスはメイクで作る!愛され顔の-5歳赤ちゃんメイク

    ベビーフェイスはメイクで作る!愛され顔の-5歳赤ちゃんメイク

  • シャープな小顔はプラス3分のベースメイクテクで手に入れられる!?

    シャープな小顔はプラス3分のベースメイクテクで手に入れられる!?

  • 	 洗練された印象に早変わり!「立体眉毛メイク」で美眉を目指そう!

    洗練された印象に早変わり!「立体眉毛メイク」で美眉を目指そう!

  • 見た目-3歳メイク♡プロに学ぶ、ハイライトの上手な使い方

    見た目-3歳メイク♡プロに学ぶ、ハイライトの上手な使い方

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 AGReDEUR All rights reserved.