ベースメイクシリーズ、AGReDEUR(アグレデュール)>メイク>ナチュラルアイブロウを作る3つのコツ

ナチュラルアイブロウを作る3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナチュラルアイブロウを作る3つのコツ

この記事を読むのに必要な時間は約1分です。

眉を描くならペンシル?パウダー?
ペンシルタイプはシャープな眉を描きやすく、パウダータイプ(アイシャドーでも可)はナチュラルな眉を作りやすいなど、それぞれ特徴を持っています。

アイブロウ作りはペンシルタイプとパウダータイプ、両方の特徴をうまく活用することがポイント。
今回は決して難しくないナチュラルアイブロウの作り方を教えましょう。
この3ステップを覚えておけば、不器用な方でも大丈夫!

STEP1 ペンシルでガイドラインを描く

まずアイブロウペンシルで眉の外側(上の部分)のガイドラインを薄く描きます。固い芯のペンシルが使い勝手がよいようです。
こうすることでシャープな眉と印象付けることができます。

眉頭は描かずに、眉頭の先を5~10mm残して、眉山を描いていきます。ガイドラインを描き終わったら、ペンシルはここまで。

STEP2 アイシャドウで眉を描く


次にアイシャドウ(またはパウダータイプのアイブロウ)。自分のほしい眉の色(グレー系かブラウン系か)を決めて、思う色に近いアイシャドーを用意しましょう。

ガイドラインの下から色をのせていきます。ガイドラインがあることによって形が崩れることもありません。
このときも眉頭はノータッチで、ガイドラインのすぐ下に1色で描きます。

描き終わったら、アイシャドーを塗った筆を一度軽くティッシュでふき取ります。
最後に、かなり薄くなったその筆で今度は色を足さず、そのまま眉頭を整えます。

STEP3 眉マスカラで毛流れを整える

仕上げにアイブロウに近い色の眉マスカラで眉全体の毛流れを塗り整えれば、ナチュラルアイブロウのでき上がりです。

決して難しくはありませんので、ぜひトライして自分のものにしてくださいね!

伊藤 ハジメ

伊藤 ハジメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 ハジメは、こんな記事も書いています。

  • 寝起きの肌をベストコンディションにするには?

    寝起きの肌をベストコンディションにするには?

  • ファンデーションの使い分けで、ふんわりナチュラルな肌に♡

    ファンデーションの使い分けで、ふんわりナチュラルな肌に♡

  • ノーファンデーション主義はだめ?ファンデーションの意外な役目

    ノーファンデーション主義はだめ?ファンデーションの意外な役目

  • 今さら聞けないビューラーの基本あれこれ

    今さら聞けないビューラーの基本あれこれ

  • 保湿が基本!目元の乾燥対策

    保湿が基本!目元の乾燥対策

  • もう顔と首の色が違うとは言わせない!ファンデーションの色選び

    もう顔と首の色が違うとは言わせない!ファンデーションの色選び

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 AGReDEUR All rights reserved.