ベースメイクシリーズ、AGReDEUR(アグレデュール)>メイク>メイクのやり方が分からない初心者、おさらいしたい人向け!メイクアップアーティストが伝えるナチュラルメイクの基本!

メイクのやり方が分からない初心者、おさらいしたい人向け!メイクアップアーティストが伝えるナチュラルメイクの基本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
メイクのやり方が分からない初心者、おさらいしたい人向け!メイクアップアーティストが伝えるナチュラルメイクの基本!

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

これからメイクデビューする若い女性も、最近の私のメイク方法はこれでいいの?とお悩みの女性に読んでもらいたい


そもそもメイクを誰かに教わったことがある人は以外に少ないもの。

「お化粧はずっとしてきたけど、正しいかどうかわからない…」という方も多いのではないでしょうか?


ということで、メイクの基本をプロのヘアメイクアップアーティストの私からご紹介します。
これからメイクデビューする初心者さん、メイク歴は長いけど自己流でちょっと不安を持ちつつ「今さら人には聞けない! 」
という人にぜひ参考になればと思います。


メイクの基本:スキンケア洗顔


基本的には洗顔→化粧水→乳液・日焼け止めの順番です。


1:洗顔

朝のスキンケアで最初にするのが洗顔です。
寝ている間に皮脂が分泌した油分やほこりを取り除くために洗顔します。
洗顔で気を付けることは勢いよく顔を洗うのではなく、優しく肌を洗い流すようにしましょう。

顔はとてもデリケートで、傷付けでもしたら大変です。
フェイスラインの洗い残しには十分注意しましょう。


2:化粧水

洗顔が終わったら、次は化粧水です。
化粧水をつける意図は、洗顔で失った潤いを補給し、肌のきめを整え保湿を十分に与えること。

まずは自分の肌に合った化粧水を選択し(乾燥肌用、油性肌用、敏感肌用くらいに分かれます)、コットンにたっぷり染み込ませます。
そのコットンで顔の中心から外側に向かって軽くパッティングしていきます。
肌に染み込ませる感覚です。
おでこやほおの広い部分から始め、目の周り、小鼻、フェイスラインまで丁寧に行います。
手で触ってみて潤いが確認できたら、OKです。


3:乳液・日焼け止め・化粧下地

化粧水の次に美容液をつける手順もありますが、お肌のトラブルがない限り割愛して構いません。
ここでは乳液・日焼け止めに移ります。


メイクの基本:ベースメイク(ファンデーション)

ベースメイクは重要です!

ベースメイクは、全体においてとても重要な意味を持ちます。
ベースメイクの仕上がり次第で、ポイントメイクが映えるかどうか決まるのです。

絵を描く時、キャンバスに向かって描くことを想像してください。
このキャンバスに凹凸があったり、色むらがあったりして、きれいでなかった場合、せっかく描いた絵も魅力は半減、決して映えてはこないでしょう? 

朝のメイク時間、例えば10分なら半分の5分をベースメイクに費やす、それくらい手抜きをせずに肌を仕上げる癖をつけてほしいのです。


人気があるのはナチュラルな「ツヤ肌」

ナチュラルな肌をつくるためのファンデーションには、数ある中からリキッドファンデーション、クリームファンデーションをお勧めします。
よりナチュラルなツヤ肌を、という方はリキッドタイプ、カバー力も当然必要という方はクリームタイプを考えてください。

どちらを選ぶかはカバー力、保湿力、透明感のある仕上がりを含め実際に試してもらうことが最善です。
自分にあった物を使用しましょう。

ファンデーションの塗り方

次に、ファンデーションの塗り方をご紹介します。
今さらと思われるかもしれませんが、今一度基本の"き"を思い出してください。

(1)化粧下地が終わった肌にファンデーションを、おでこ・鼻・頬の広い部分に適量付け、顔の中心から外側に向かって塗っていく。

(2)手でも良いが、専用のスポンジを使うと厚塗りしにくく均一に塗りやすい。

(3)顔の中心から放射状に伸ばす感覚で塗る。

(4)髪との境目フェイスラインはファンデがたまりやすいので丁寧に伸ばす。

(5)眉の周り、目の周りは手を使って丁寧に伸ばす。

(6)最後におでこから鼻筋にかけてのTゾーン、目の下、小鼻、あご先に一段明るいファンデを重ねるとハイライト効果が得られ、立体的な顔を作ることが出来る。

ベースメイクがきれいにできると、ポイントメイクも必ず楽しくなってきます。ぜひ実践してください。


メイクの基本:ベースメイク(コンシーラー・フェイスパウダー)


コンシーラーって何?どのタイプを使うといいの?

コンシーラーを使う目的はシミやクマなど肌の悩みを隠すことにあります。

コンシーラーは大きく分けて、ペンシル、リキッド、スティック、クリームの4タイプ。

カバー力を考えるならば、スティックかクリームタイプをお勧めします。
理由は単純。
使いやすくカバー力があるため、容易にシミなどを隠しやすいから。

もしコンシーラーをお持ちでないなら、この二つのタイプを中心に購入を考えてみてください。


コンシーラーの使い方

(1)ファンデーションを塗り終わったら、肌の気になる箇所に少量ずつ軽くたたきながら塗る。
この際、伸ばしながら塗るのではなく肌に置いていく感じで整える。

(2)ニキビなど赤い箇所には最初にブルー系のカラー補正(コントロールカラー使用)をしてからコンシーラーを塗るとよりカバーしやすい。

(3)細かい箇所には綿棒を使って塗ると使い勝手がよい。
できたらコンシーラーは自分のファンデーションと同色、そして一段白い物の2色を持っていると、肌を整えることと立体的な顔を作ること(ハイライト)の両方が可能になります。

フェイスパウダーの役割

次にフェイスパウダーについてご説明します。

フェイスパウダーはファンデーションを塗り終わった後のフィニッシュにつなげるためのもの、フィニッシュパウダー、フィニッシングパウダーとも言います。

フェイスパウダーを最後に顔全体にたたく目的は、化粧崩れを防いだり余分な顔のテカリを抑えるため。

ツヤ肌を作る際にも軽くパウダーをたたくことをお勧めします。

フェイスパウダーの使い方

(1)パウダーを多めにパフにとってよくなじませ、顔の広い部分から軽く押さえるように顔においていきます。

(2)その後、目の周り、小鼻の周りなどは丁寧に押し当てます。

(3)パフではなく、大きめのフェイスブラシを使って顔全体にのせていっても大丈夫です。

(4)最後に余分な粉を落として完成です。

メイク術にこれが正解・不正解ということはありません。
ですが、基本を知らずに次にいっても大変なことばかりなので、基本を押さえて次の応用につなげてくださることを願っています。


伊藤 ハジメ

伊藤 ハジメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

伊藤 ハジメは、こんな記事も書いています。

  • メイクのやり方が分からない初心者、おさらいしたい人向け!メイクアップアーティストが伝えるナチュラルメイクの基本!

    メイクのやり方が分からない初心者、おさらいしたい人向け!メイクアップアーティストが伝えるナチュラルメイクの基本!

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 AGReDEUR All rights reserved.