オペラ歌手 中丸三千繪さん

もともと伊藤さん(アグレデュールプロデューサー伊藤ハジメ)にメイクをしてもらう事が多くて…ナチュラルなのにしっかりしている伊藤さんのメイ クが好きなんです(笑)。それで、伊藤さんからいただいて使ってみたのがきっかけですね。 オペラ歌手っていう仕事って意外にとてもハードなんです。規則正しい生活をしている人と違って、世界中飛びまわっていますから、睡眠不足や 時差もあって、正直お肌にもやさしくないって言うか…。 この20年間、もうずっとそういう生活し続けてきたんですけれど、その私が使ってファンデーションがのるっていうのは、すごいなと。かなり成分が良くないとのらないんですよね。やっぱり仕事柄いろんなところから、「これ試してください! 試してください!」って、いただいたりするんですけれど…2〜3回使うと、もう…って感じなんですよね。
つづきを読む⇒
中丸三千繪
1986年、小澤征爾指揮の「エレクトラ」で日本デビュー。1987年イタリアに渡り、「ルチアーノ・パヴァロッティ・コンクール」や「マリア・カニリア・ コンクール」、「マリア・カラス・コンクール」で次々と優勝。ミラノ・スカラ座と出演契約を結び、各地の名門劇場で主役を務めた。パバロッティ、 プラシド・ドミンゴ、リッカルド・ムーティ、ロリン・マゼールなどの巨匠と共演。現在はニューヨークを拠点に活動。2006年、イタリア文化への貢献 で「イタリア連帯の星勲章」を受章。名実とも世界的なオペラ歌手である。

囲碁棋士 梅沢由香里さん

仕事柄、冷房の効いた室内で1日中対局し続けることもあるという梅沢さん。さらに時間がたつと、肌のくすみも気になるため、できればメイク したての朝の状態を長時間キープできるファンデーションを探していたそうです。「人前に出る仕事や、囲碁イベントの時など、プロのメイクさんに 仕上げてもらうより自分ですることのほうが多いので、自分でも簡単にムラなく塗れる、伸びのよいファンデーションがほしかった。」そんな梅沢さ んに、アグレデュールの保湿力と肌なじみのよさはかなりの味方。また、「南の島への旅行が好きなので、シミ、ソバカスのケアに、このコンシーラ ー効果があるファンデーションは魅力的だと思います。」
梅沢由香里
東京都出身、囲碁棋士・5段。(財)日本棋院所属
毎月、数々の対局をこなす傍ら、TVや数多くの著書の監修などで活躍中。
DVD「1から始める梅沢由香里の碁」発売中。。

漫画家 槇村さとるさん

紫外線のケアの重要性はわかっていても、UV製品は「なんとなく重苦しく窮屈だから、できれば長くつけたくない」と感じていたという槇村さん 。「それでも塗らなければ」というストレスと闘う中で出会ったアグレデュール。「UVなのに、ここまで軽くて伸びるなんて。」と驚きも大きかったと のこと。長時間ライトの下で描くことが多く、窓から差し込む陽射しも気になるため、家の中でもUV製品を頻繁に使う槇村さんは「最小の手 間で、最大の効果」が期待できる製品をまっていたそうです。「メイクベースとしてだけでなく、毎日ササッと普段使いできるのがうれしい。」と、 簡便性のよさも気に入っていただけました。
槇村さとる
東京都出身。17才の時に「別冊マーガレット」でデビュー。
代表作に「おいしい関係」「イマジン」など多数。その他、エッセイの執筆や大学での講義と活動範囲も幅広く、現在、ヤングYOUに「Real Clothes」連載中。